赤ちゃんにハーブティーはいつから飲ませられる?

赤ちゃんをリラックスさせるハーブティー

赤ちゃんにハーブティーを飲ませてあげたいけど、どれが良くてどれがダメなのかいろいろ不安ですよね。

 

赤ちゃんの体は生まれてしばらくはまだまだ未熟です。色々なものを代謝する機能も未熟なため、離乳食が始まる生後6か月あたりから飲ませるものが多くみられます。

 

ルイボスティーや麦茶などは生後すぐにも飲めますが、以下で紹介している【すやねむカモミール】は生後6か月から、母乳やミルクの後に飲ませるものとして、または1歳前後から、飲用として飲ませることができます。

 

赤ちゃんが安眠できるハーブティーとは?

1歳未満の赤ちゃんですと、やはり体の未熟性から消化できるものも限られています。
カモミールとルイボスティーが飲ませやすいハーブティーですが、安眠となるとカモミールが一番です。
リラックスという面で、ラベンダーも少量であれば良いとされています。

赤ちゃんにカモミールティー

 

また以下のハーブティーは、眠れない子供やストレスを感じたり緊張が強いお子さんに飲ませられますが、赤ちゃんではなく幼児の年齢からになるので、ご参考までに載せておきます。

 

パッションフルーツ
精神不安や緊張、神経緊張に効果があり、症状の緩和から安眠を促したり、幼児のひきつけや痙攣にも良いとされています。

 

バレリアン
不眠症、ストレスや不安、自律神経失調症に効果的。
幼児の場合は適切に用いれば8週までは安全性が示唆されている。

 

赤ちゃんが飲めるハーブティーの種類とは

生後すぐの赤ちゃんでも飲めるハーブティーやお茶といえば、麦茶やルイボスティーです。

赤ちゃんが飲めるハーブティー

 

他にもドイツ・TEEKANNE社の、ハーブティーブランドPOMPADOUR(ポンパドール)は、3か月以上の赤ちゃんが飲める無香料のベビーティー、9か月以上の赤ちゃんから飲めるイチゴとバニラの香りがするキッズティーがあります。

 

オーストリアのオーガニックハーブティ、「ゾネントア」の「サンシャインベビーティー」などもあり、意外と赤ちゃんにも飲ませることのできるハーブティーがありますね。

 

しかし、母乳やミルクの代わりの水分補給で飲ませる事以外にも何か効果があると嬉しいですよね。
そこで、赤ちゃんの夜泣きに効果的なハーブティーを見つけることができました。
【すやねむカモミール】というハーブティーです。

 


 

すやねむカモミールとは?


赤ちゃん時代のママの悩み、といえば、まず「夜泣き」ではないでしょうか。
出産後の疲れた体を数時間おき、ひどいと数十分おきに泣かれて起きて、母乳やミルクをあげたり、おむつをチェックしたり・・・全く眠れない、といった人もいることでしょう。

赤ちゃんの夜泣き対策

 

私も実は、第一子は本当によく泣く子供で眠れませんでした。なのでもともと寝つきの悪い私ですら、子供を寝かせながら気を失うように眠っていることも度々・・・

 

そんな夜泣き、子供が大きくなった今は大丈夫ではあるものの、そのつらさは痛いほどわかります。すやねむカモミールは、そんなママのつらさを助けてくれるかもしれない、そんなハーブティーです。

 

3種類のハーブをブレンド!その効果と特徴とは

すやねむカモミールは、こだわりの3種のハーブを厳選しています。

  • ジャーマンカモミール
心を落ち着かせ、イライラや怒りを鎮めてくれます。アロマとして用するカモミールG(ジャーマン)の精油にはリラックスするときに使うことも勿論、体全体の免疫系を強壮してくれるので健康面に対しても良い影響があります。

 

  • ハニーブッシュ
生産量が少なく、世界的にも希少なハーブです。ノンカフェインで低タンニン、抗酸化物質のポリフェノールを豊富に含んでいます。南アフリカでは今でも不眠の緩和や咳止めとして、家庭で出来る伝統的な療法として用いられています。

 

  • ルイボス
カフェインがなく、副作用もないので体にとても優しいハーブです。人の体になくてはならないミネラルが豊富に含まれています。このミネラルがないと思うように力が入らない、だるい、暑さに弱い、などの影響が出ます。また腸内の動きが活発になるため、悪玉菌より善玉菌が優位になり、腸内環境もよくなります。

 

 

この3つのハーブで、赤ちゃんを深い休息へいざない、その質を高め、精神的に穏やかにするようにブレンドされているので是非使ってみたいですね。

 

 

すやねむカモミールがおすすめの理由

赤ちゃんに飲ませるもの、と考えると、やはり安全面はとても気になりますね。

すやねむカモミールは安全安心

いくら夜泣きに効くといっても、もし添加物や、残留農薬があったら・・・そんな不安を抱く方もいることでしょう。子供にはいいものを与えたいと思うのは当たり前のことです。きっと妊娠をしてから食事に気を付けた、という人もいるかもしれません。だからこそ、衛生面や安全面はとても重要ですね。

 

すやねむカモミールは、オーガニック認定を取得したハーブのみを使い、合成添加物は一切入っていません。
厚生労働省が定めた医薬品などの品質管理基準(GMP)を満たした製造工場で商品を作っていることも安心です。
それに加え、残留農薬検査と、放射能検査も行い、その結果はHPにも掲載しています。
大切な赤ちゃんの健康を守るため、ここまで品質を管理してもらえると安心ですね。      

 

また、ハーブティーなのでもちろん子供だけでなくママも一緒に飲めるので、赤ちゃんに一体どういうものをあげているのか自分自身でも体験でき、感じることができるのはとても安心しますね。

 

すやねむカモミールの会社では、ママのライフサポートのために、管理栄養士の専用相談窓口が用意されています。
ここまで育児に寄り添ってくれるというのもとてもありがたいですね。

 

また、使いやすい三角テトラパックなので、使用しやすくなっているのも嬉しいポイントですね。

 

【すやねむカモミール】
夜泣きにハーブティーがおすすめ

 

 

すやねむカモミールの価格・キャンペーン

すやねもカモミールは毎月先着300名に特別キャンペーンを行っています。
毎月お届けコースの通常価格3980円のところを、送料も代引き手数料も無料で980円で買う事ができます。
2回目以降も25%オフの2980円で購入することが出来るのでお得ですね。
毎月お届けコースといっても、回数の約束がないため、いつでも休止・解約することができます。

※キャンセルの場合は発送の10日前に連絡することが必要です。

 

また、10日間安心返金保障があるため、10日間赤ちゃんに試してみることができるので気軽に試せますね。

 

他に毎月1袋お届けコースが上記の値段に対し毎月2袋お届けコースは初回75%オフの1960円で、2回目以降は30%オフの5560円で購入できます。

 

毎月お届けコースでない場合は、通常価格に送料300円がかかります。

 

>>すやねむカモミールの詳細を確認<<

 

すやねむカモミールの販売会社について

すやねもカモミールを販売しているのは「はぐくみプラス」という会社です。
【幸せなやさしいつながりをはぐくむ】というコンセプトのもと育児をする親に寄り添った商品を出していることと、また通販会社では珍しい「相談できる」という面があります。
妊娠、出産、育児の不安の悩みを解決できるようにという心遣いが嬉しいですね。

 

主な製品としては、、、、

 

これから赤ちゃんを迎えるための体づくりと準備にママ活として
【ハグクミの恵み】【はぐくみ葉酸】

 

妊娠中の体には、どうしても起こりやすい便秘などのトラブルにも良いオリゴ糖を含む
【はぐくみオリゴ】

 

お腹の中の赤ちゃんにも良いと言われるDHAを豊富に含んだ
【ハグラビ】

 

授乳中に
【すやねむカモミール】

 

赤ちゃんに栄養素を与える大切な役割のあるプラセンタを豊富に含んだ
【FUWARI】

 

すやねむカモミールの販売会社

妊活から出産後の身体のケアまで女性にうれしい成分を詰め込んだラインナップとなっています♪
妊娠から出産、育児までにおいて、電話相談ができたりと強力なサポートのある会社なので、信頼して頼むことができますね。

 

ネットとFAXでは24時間いつでも注文することができて、電話でも注文ができます。夜泣きで藁にもすがる気持ちの時には、夜中でも注文できるのでいいですね。

 

 

すやねむカモミールの飲み方

1 ひとつのティーパックに対して200〜500mlのお湯を注ぎ3,4分待ちます。

 

2 ママはそのまま飲みますが、赤ちゃんはさらに白湯で約3倍に薄め哺乳瓶に移します。

 

3 赤ちゃんに与えるためには冷やすことが必要なので、冷やしている間にママはゆっくり飲めるといいですね。

 

たったこれだけの事ですが、カモミールのいい香りでリラックスできます。
ちなみにフレッシュなカモミールの花からはリンゴのような香りがします。ハーブになっているとまた違う香りになっていると思いますが香りの芳香成分には精神安定作用があります。慣れない育児に疲れたママも、カモミールでほっと一息つけることが一番大事です。

家族で飲むすやねむカモミール

 

もちろん、ママや赤ちゃんだけでなく、パパも飲んでもいいので、家族でホッとする時間を持てるといいですね。赤ちゃんに飲ませるために作りますが、ママが飲むことで母乳にも影響します。母乳を通して良い栄養を補給し、より良い母乳を赤ちゃんに与えることも重要です。

 

美味しく飲むためには、毎回作ることが大切です。長い時間煮だしたり置いておくと、苦味が強くなったり、品質が変わる場合があります。都度都度、作りましょう。作りたてのすやねもカモミールは、ほんのり甘くすっきりした味わいです。

 

ハーブティーの赤ちゃんへの影響

授乳を通して赤ちゃんへ行き渡る食事や飲み物ですが、たとえばカフェインを摂った時、どんな影響がでるかご存知でしょうか。

 

カフェインは脳を刺激することがあり、摂取量が多いと興奮状態からイライラや不安を引き起こします。つまり情緒不安定で不機嫌になりやすくなります。
また、カフェインが眠気覚ましにいいのと同じで、眠れなくなったり寝つきが悪くなります。寝付けないだけでなく、興奮し、ハイテンションになってしまう赤ちゃんもいます。リラックスが出来ていない、という状況が続いてしまうということです。

ハーブティーの赤ちゃんへの影響

更に、恐ろしい乳児突然死症候群(SIDS)の発症率が高くなることもわかっています。しかも、ママが摂ったカフェインが体外へ排出されるまでには時間がかかります。カフェインが半分になるまでに約5時間です。その間に赤ちゃんが授乳からカフェインを摂取するとなんと3日も排出までにかかってしまうのです。

 

すやねもカモミールを試す前に、日ごろカフェインを摂りすぎていないかをまずチェックしてください。
※マグカップ2杯程度まで、それ以上は要注意

 

ママの飲むものが、授乳によって赤ちゃんに影響があるため、飲み物も大切です。
普段からコーヒーなどカフェインの入っている飲み物を飲んでいたママは、一度やめて、すやねもカモミールを飲むのもいいですね。

 

このすやねもカモミールを試した人からは

 

子供の夜泣きの回数が減った
ゆっくり休めるようになった
イライラが減って気持ちが安らかになった

 

という声が多くあがっています。

 

すやねもカモミールに入っている成分が母乳を通して、リラックスと鎮静効果を与えてくれます。

赤ちゃんがリラックスするハーブティー

 

また、すやねむカモミールを飲むママ自身が安らいでリラックスすることで、赤ちゃんはそれを敏感に感じ取ります。普段「また泣いたらどうしよう」「疲れてもうしんどい」と思っているママの気持ちや状態を赤ちゃんも感じ取っているため、ママがリラックスして落ち着く、ということは=赤ちゃんも落ち着くということへ繋がります。

 

ですので、授乳を通してママも赤ちゃんもリラックスし、リラックスすることで眠りが深くなり夜中の夜泣きも減ってくるのです。

 

1歳以上のお子さんも、すやねもカモミールを飲むことで、ハーブから抽出されたリラックスする成分に影響され、質の良い眠りに入ることができるでしょう。

 

 

すやねむカモミールの口コミ

実際に使ってみた人たちの口コミ情報をまとめてみました。

 

・ハーブティーなんかで夜泣きが減るの?と半信半疑だったけれど、実際飲んでみると、いつもより落ち着いて寝ている感じがしてもしかしたらいいのかもしれないと思い、1週間は続けようと思ったところ、あんなにつらかった夜泣きが本当に減りもしダメなら返金保障をすればいいと思っていたのですが今では毎日お世話になっています。

 

・飲みやすく、子供も気に入って飲んでいます。1歳3か月なのでもう少しで夜泣きも終わると思っていたのですが、自分も精神的に疲れてしまい自分もついでに飲んでリラックスできればいいな、くらいに思っていたのですが、夜泣きも収まって自分自身も精神的に安定していると思います。

 

・普段旦那が家にいないので、自分だけで一生懸命やっているというのが正直なところ。眠れないことで体も心もボロボロだったところですやねもカモミールに出会い飲んでからは子供も私も落ち着いていると思います。本当に試してよかったと思います。まだ悩んでいる人は、試してみてダメなら返金保障もあるのだから是非飲んでほしいです。

 

「良かった」という声が多く聞かれていますね。
効果は人それぞれではありますが、まずは試してみることで悩みが解決できるのならやってみるといいですね。

 

赤ちゃんの夜泣きの原因とは?


そもそも夜泣きは
お腹も空いていない、おむつも濡れていない、なのになぜか突然泣き出してしかもなかなか泣き止まない・・・
という非常に親泣かせな状況です。
中には朝まで続いて一睡もできなかった、という人もいますし他の人に聞いたらうちの子は朝まで寝るよ、なんて言われてガックリ来る人もいることでしょう。

赤ちゃんの夜泣きがひどい

 

夜泣きの原因は実はハッキリわかっていません。
時と場合にもよりますし、個人差のあるものです。
不安、興奮、寝方が分からない、睡眠サイクルの乱れ、日中の刺激やストレス・・・
などが原因と考えられています。

 

昼寝をしすぎて夜が眠れない、日中太陽の光を浴びていない、などもやはり夜泣きの原因にはなります。まずは親も一緒に良い生活サイクルをつくることが大事ですがそれでも夜泣きがある、という赤ちゃんもやはりいます。

 

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで続くの?

夜泣きする赤ちゃん

夜泣き自体も個人差があるものですが、その時期もまた個人差が大きくあります。

 

中には生後三か月から夜泣きが始まる子もいますが、一般的には生後8か月から1歳半まで、遅くても2歳までにはおさまっていることが多いです。

 

ずーっと続くわけでは絶対にないので、ハーブティーを飲ませてリラックスさせてあげたりと対策をしつつ、乗り切りましょう☆

 

赤ちゃんの夜泣き対策は?

夜泣きといっても、大人でも怖い夢をみてハッ!と起きたり寝言を言ったりして一瞬目が覚めることがあります。
夜泣きの赤ちゃんの特徴は、目をつむったまま泣いている、ということも挙げられます。つまり、寝ている状態である、という事がいえます。その場合は寝言のひとつとして泣いている事があるので、その場合は2,3分様子を見守ってもいいでしょう。

夜泣きの対策にハーブティーを!

 

自然と自分で眠る子もいます。しかし、起き上がってしまった場合は、抱っこなどをして落ち着かせましょう。揺れてみたり、歌ってみたりして、落ち着く場合もあります。また母乳育児の場合は、添い乳で再び寝かせることもできます。

 

しかし泣きが酷く、落ち着かない場合は、一度完全に起こしてしまうのも手です。外の空気を吸わせたり、暑そうであれば服を脱がせてみたりしてみましょう。

 

自家用車がある場合はドライブでもいいですね。車の揺れで眠る赤ちゃんも多くいます。私も実は夜泣きのひどい子供だったので、夜中はドライブでよく寝かせていたと母から聞きました。わが子も昼寝に関しては、ドライブで寝ています。子供にとって、車の揺れが気持ちいいと感じる子も多いようです。

 

 

赤ちゃんの夜泣きの薬とは?

夜泣きに悩んでいる人は探したことがあるかもしれませんが赤ちゃんの夜泣き、かんのむし対策に【宇津救命丸】があります。これは赤ちゃんの体調や体質を整えて強くする薬です。生薬のみで作っているため生後3か月からと、低月齢でも飲めます。

 

宇津救命丸と同じように体調を整え、神経症を鎮める薬として【樋屋奇応丸(ひやきおーがん)】があります。漢方を使っているので低月齢でも飲むことができます。

 

赤ちゃんの夜泣き用の薬とは

【甘麦大棗(かんばくたいそう)】は病院から処方される医療用の薬です。甘味があり、リラックス効果があります。夜泣きだけでなく、多動の症状にも処方される事があります。

 

【抑肝散(よくかんさん)】は甘麦大棗でも効かなかった場合に処方されます。神経過敏をおさえ、安眠を誘います。

 

これらは漢方薬ですので、薬局または病院での処方・購入となります。

 

 

夜泣きしない赤ちゃんっているの?

夜泣きをしない赤ちゃんもいます。日本ではもしかしたら少数派かもしれませんが、海外では夜泣きをしないほうが多数のようです。

夜泣きをしない赤ちゃん

フランスでは夜泣きをしないための育て方を行っているところがあります。日本では「子供が主役」で育児が行われていく事の方が多く感じますがフランスの育児は「親が主役」です。

 

なので赤ちゃんに付き合って何時間も起きている必要もないと考えているため、むしろ赤ちゃんに上手に眠れるように教える、という考え方で接しています。ですので、赤ちゃんも早いうちから「眠る」ことを教えられ、結果夜泣きをしないことに繋がります。もし夜泣きがあったとしても、成長の過程と思って親がストレスをためない、ということが大事にされています。

 

 

夜泣きしている赤ちゃんを放置すると?

夜泣きで疲れ切ってしまって、もうとてもじゃないが対応したくない!と思ったことのあるママは多いと思います。それでもそのままにしておくこともできず、疲れた体を引きずりながら抱っこしたり歌ったりおむつは濡れていないか、喉は乾いていないか・・・中には泣いていてもしばらく気づかず寝ていたという人もいるかもしれませんね。

赤ちゃんの夜泣きがすごい

夜泣きを放置といっても、例えば泣き出しても少しの時間様子を見たりすることは放置ではありません。ちょっと寝ぼけて泣いている場合はむしろ手を出さない方がいいときもあります。

 

しかし泣いている赤ちゃんを別室に置いて様子も見ないとなると話は別ですね。サイレントベビーというのを聞いたことのある人も多いと思いますが「泣いても伝わらないから泣かない」という赤ちゃんのことです。夜泣きを放置したからといってすぐなるわけではなく、日ごろのかかわり方が影響します。一説には夜泣きを放置することで、大きくなった時にアレルギーがでる、胃腸トラブルが起きやすい、他人との信頼関係がうまく築けないなどともいわれますが、確証があるわけではありません。

赤ちゃんの夜泣きをどうにかしたい

 

海外では放置ではなく「見守る」というスタイルをとり、赤ちゃんが自分で眠るということを学ぶように促す方法もあります。そのため海外に夜泣きという概念はあまりないようです。日本では赤ちゃんも親も同じ部屋で同じ布団で寝ている場合が多くあります。そのため、泣いたらすぐに対応するという環境にありますが海外の場合は別室であったりして、泣いてもすぐに対応するというよりは様子をみて安全を確認し、必要なことをする、といったことになる場合が多くそれぞれの国によって寝かしつけ・寝方のスタイルが異なっています。

 

また放置と見守りの決定的な違いは「赤ちゃんの不安材料を取り除いたうえで泣き止まない赤ちゃんを近くで見守る」ということです。赤ちゃん自身が自分で眠るための練習と思って「見守る」ことはしてもいいと思えますね。

 

 

 

赤ちゃんをリラックスさせてあげるアロマはあるの?

生後0か月から1歳の間は、代謝が未熟なため、アロマオイルなどは使用できません。
しかし、室内の芳香の拡散であれば、ラベンダーとカモミール・ローマンの2種類であれば可能です。それ以外の精油は、赤ちゃんの未熟な体には負担になるので使用しません。室内の芳香の方法は、ボウルにお湯を入れて、精油を1滴たらします。よく混ぜてからタオルを浸して、絞ります。そのタオルを室内にハンガーなどにかけておくだけ、ですが香りからの心身への影響は思うよりもあるものです。

赤ちゃんの夜泣きにアロマは?

 

すやねもカモミールがジャーマンカモミールを使用していますがアロマだとカモミール・ローマンの精油を使用します。カモミール・ローマンの主な効果効能は【鎮静作用・誘眠作用】が主にありリラックスにより痒みをしずめたり、消化促進もしてくれます。

 

赤ちゃんのリラックスに、アロマでの芳香拡散を行いつつ、すやねもカモミールで内側からハーブを取り入れることで、相乗効果が期待できそうですね。

 

赤ちゃんの夜泣きにオーガニックハーブティーのリラックス効果で対策♪

 

>>すやねむカモミールの詳細を確認する<<

 

 

-